エコな取組み

木風堂

 

dummy dummy

<緑と土>


平成19年4月に「木風堂KIPPUDO」をグリーンセンターの隣で開業してから8年目になります。

20年前から自然環境に、そして木に強く惹かれてきましたが、その頃はまだ経済成長が続き、 川口近辺の空気は排気ガス等で著しく悪化していました。今では規制も掛かり当時とは見違えるほど綺麗になったように思います。 木は生きている間も伐採後も二酸化炭素の固定になるとか、森の落ち葉が堆積して土になるが、その土の厚みが1センチになるには 100年かかるとか、実際に森に入り学習したことがすごく印象に残っています。

この川口でも大体60センチ位が黒土で、その下が赤土です。 約6000年、この土の恵みで木も野菜も虫も鳥も、万物が生きています。人も全く同じということを最近特に感じています。木を大切に、 緑をいっぱいにするには土が必要です。良質の土は動植物の数千年の堆積でしか作られないのではないかと考えます。川口の北部はまだまだ緑があります。 町中にも緑を増やし、木を使い、土のある暮らしを勧めています。

永い年月の経った木を扱う仕事をしながら、環境のことに思いをめぐらす毎日です

(堂主 鈴木常久)
*「かわぐちエコ散歩」2014年10月号より

連絡先

住所
埼玉県川口市安行領根岸2244-3
電話/FAX
048-299-9539(水曜~日曜 10:00~17:00)
URL
http://www.kippudo.jp/