ホームの中のエコな取組みの中の川口市立新郷東小学校

エコな取組み

川口市立新郷東小学校

dummy dummy

~自然とのふれあい~

昭和48年、広々とした田園地帯に開校した本校は、年々都市化が進んできてはいるものの、川口市の中では、まだ自然に恵まれた地域に位置しています。中でも、平成23年に治水対策として整備され、学校の三方を取り囲む新郷東部公園(多目的遊水地)は、地域の人々に安心と潤いをもたらすだけでなく、教育活動の場としても、児童にとって無くてはならない存在です。

生活科、総合的な学習の時間では、年間を通して遊水地に出かけ、動植物と触れ合ったり観察をしたりしています。また、5月と10月には、全校で「青空ランチ」を実施します。身近な自然に触れながら異年齢グループで楽しくお弁当を食べたり、遊んだりすることで、児童の心は豊かに育まれていきます。

12月には、遊水地内の園路を利用して、校内持久走大会を行っています。児童は、地域や保護者の熱い声援を受け、変わり行く自然を全身で感じながら、全力で走り抜けます。

今後も、地域の自然に触れる教育活動を意図的に取り入れ、地域の環境に目を向け、大切にしていこうとする児童を育成していく所存です。
(校長 小沼 和美)

*「かわぐちエコ散歩」2014年7月号より

連絡先

住所
川口市大字峯361
電話
048-295-1007