ホームの中の教育関係者

参考となる教材など

川口市内の学校で使われている教材

かわぐち

otasuke

川口市の様子や歴史、産業などについて写真入りでまとめられた副読本です。
【対象】小学3・4年生
【配布】市内全3年生 ※毎年配布
【発行】川口市教育委員会・川口市地域学習指導法研究委員会

名探偵ごみまる「ごみの正体をさぐれ」

otasuke
参考:H29年4月発行版

ごみ問題について考え、住みよい川口市をつくっていくことをコンセプトに編集された冊子です。ごみの行方やリサイクルについて学び、自分に何ができるかを考えることに結び付けています。
【対象】小学4年生
【配布】市内全4年生 ※毎年配布
【発行】川口市環境部

otasuke
出典:埼玉県環境部温暖化対策課「広げよう!STOP温暖化」

地球温暖化についてわかりやすくマンガで解説してあり、自分にできることは何かを考えさせる構成になっています。地球温暖化についての導入授業に活用できます。
【対象】小学3年生~中学生
【配布】県内全小中学校 50部(2016年)
【発行】埼玉県環境部温暖化対策課

その他

家庭ごみを一般ごみ・有害ごみ・乾電池・粗大ごみ・資源物の5分別で収集を行っています。ごみの減量やリサイクルに協力いただくためにごみの正しい分け方や出し方のルールを記載しています。

年3回発行している環境部広報紙です。
市民のみなさんに、より一層ごみ問題や環境問題について知っていただき、川口をより住みよい街に変えていくため、さまざまな情報や取り組みを掲載・紹介しています。

ごみの減量化推進のために川口市が行っていることやごみ処理の現状や取り組みについて、わかりやすく解説してあります。年度ごとに発行されています。

ごみ処理に関する事業内容をまとめたもので、年度ごとに発行されています。