「市民共同発電所」2号機

   設置場所 フォーマザー西立野保育園
               (川口市西立野654−17)

フォーマザー1

太陽光発電システム (出力4.29kW)

■発電の様子  →詳細
 2015年3月から現在までの総累計発電量は 22,096kWhで、推定発電量の105%と優秀な発電を示しています。
 また、従量電灯Cを含めた自給率は39%
 これまでの発電により、CO2 10,370kgを削減することができました。
 これは、ブナの木 947本、杉の木 744本がそれぞれ1年間に吸収する量に相当します。
 ※ブナの木は、樹齢100年で1haあたり500本の森林の場合。杉の木は、樹齢50年で直径26cm,高さ22mの場合。

■環境学習会の様子
2018年度配布資料
2017年度
2016年度
・2015年度1回目2回目

■システム概要
・メーカー:ソーラーフロンティア
・設計・施工:株式会社エコテック、石川設計事務所(表示板)
・システム構成
   ・太陽電池モジュール(26枚)、パワーコンディショナー、モニター
   太陽光パネル

■収支概要
 収入:埼玉県補助金   861,000円
    川口市支援金    861,000円
    寄付金        862,917円
 支出:設備一式    2,536,208円
    事務経費        48,709円

 ※設備の所有権は、当初5年間は「認定NPO法人川口市民環境会議」に属しますが、5年が経過した時点で設備を寄贈し、その所有権は「フォーマザー西立野保育園」に移転します。

■寄付金募集内容
・寄付金額 :1口 2,000円
         *法人は5口以上
・募集期間 : 〜平成27年3月
*大口寄付者には感謝状を贈呈しました。
*ご寄付いただいた方の名簿を作成し、点灯式に配布しました。
*埼玉県と川口市からの補助を得て実施しました。

■「フォーマザー西立野保育園」について

フォーマザー2

フォーマザー3

 平成26年4月1日、自然豊かな川口市西立野の地に開園しました。
 一人ひとりの成長に添う保育を理念のもと、自然を大切にする心を育てたいと、園庭には多くの草木を植え、その遊びの中で環境教育を行っています。
 今後は、太陽光発電システムにより、地域の人々とともに地球温暖化防止の環境教育にも取り組んでまいりたいと思っています。(園長 辻智歌子)

■点灯式の様子
 2015年3月14日、奥ノ木市長様にもお越しいただき、点灯式を行いました。
 ご協力・ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

点灯式次第
点灯式の様子(ご寄附いただいた方にお送りした手紙)

ページの先頭へ